紅茶の「セカンド・フラッシュ」とは二番茶のこと

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

tea&coffee

紅茶好きの人と話しをする時に、知っていると良い言葉の一つが「セカンド・フラッシュ」。

セカンド・フラッシュ」とは、二番目に摘む紅茶のことです。

一番目に摘む紅茶は「ファースト・フラッシュ」。

三番目に摘む紅茶は「サード・ティー」と言います。

そして、秋頃に摘む紅茶は「オータムナル」。

ダージリンとアッサムでは、この「セカンドフラッシュ」が最も良い時期の紅茶と言われています。

それぞれ時期が違うので、ご紹介します。

ダージリンのセカンドフラッシュは5〜6月でマスカットの香り

ダージリンのセカンドフラッシュ(二番茶)は5〜6月。

「銀の芽」といわれるシルバー・チップを多く含みます。

マスカットの香りが強く「紅茶のシャンパン」ともいわれています。

ダージリンのファーストフラッシュ(一番茶)は4月上旬。

2〜3週間しか摘めないので、希少価値が高いです。

ダージリンのサード・ティー(三番茶)は、8〜9月。

味や色は濃くなりますが、マスカットの香りは薄くなります。

ダージリンのオータムナルは10〜11月。

アッサムのセカンドフラッシュは4〜6月で花のような甘い香り

アッサムのセカンド・フラッシュ(二番茶)は4月中旬〜6月。

ゴールデン・チップが最も多い。

花のような甘い香りがします。

アッサムのファースト・フラッシュ(一番茶)は2〜3月。

花束のような甘い香りがします。

アッサムのサード・ティー(三番茶)は7月から。

アッサムのオータムナルは12月いっぱいまで。

ほぼ一年を通して茶摘みができます。

ちなみに

ダージリンとアッサムはインドです。

世界3大銘茶と言われているのは、インド産のダージリン中国産のキーマンスリランカ(セイロン)産のウバです。

公式HPはこちら↓